不妊治療に失敗した

よだれかけ

現在は不妊に悩むカップルが増えていると言われています。
私達もそのうちの一組で、子供が欲しいと思ってから1年以上経過し、不妊治療を始めました。


最初に行ったのは、同じく不妊で悩んでいる友人の通っている不妊治療専門の病院でした。初診で訪れると待合室は大混雑で、不妊治療にこんなにも多くの人が通っているのだとある意味少し安心しました。
皆頑張っているのだ、私だけではないという心強さがありましたね。


治療はまず最初に検査から始まりました。男性、女性どちらに原因があるのか、無いのか、また治療の進め方についても説明を受けました。


検査の結果はどちらも特に異常なしで原因不明とのことでした。
実はこの原因不明というのが厄介で、結局私達はその後高度治療までステップアップしていく事になります。


一般的に原因不明と診断されると、簡単な治療から始めて成果が無ければ次の段階の治療へとステップアップしていきます。毎月妊娠の兆候を期待しつつも、なかなか結果が出ないのは精神的にはかなり辛い時期でした。


むしろ最初から高度な治療をして貰った方が精神的にも肉体的にも楽だったのかも知れませんが、原因不明と言われると軽い治療で授かるのではという期待を持つものですね。
結局それから、いろいろな不妊治療をしてきたものの、子供を妊娠することはできませんでした。
2人だけでも、楽しいと自分に言い聞かせながら生きていますが、やっぱり子連れの家族をみると胸が痛みます。
不妊治療が、もうすこしお金のかからないものならば、、、
不妊治療が、保険適応だったら、、、
という後悔はいまでも残っています。


トップページ (不妊に悩んでいる方はぜひこちらを読んで下さい!)